本文へスキップ

放射性物質をシャットアウト!離島を除く全国設置対応!

RO逆浸透膜は、放射性物質をシャットアウト!


RO逆浸透膜で精製した純水の用途例新着情報

ワイン、お酒、牛乳、ジュース、コーヒーその他、墨汁とかであろうともRO逆浸透膜を透過すれば真水が出てきます
RO逆浸透膜は水分子しか通さないので出てくるのは水!しかも不純物を含まない純水なのです。通常は水道水を原料としますが、このように水分を含むものであれば水が取り出せます。純水以外の不純物は全部自動排出されます。
海水を淡水化する技術1
海水を淡水化する技術があるのをご存知でしょうか?昔は水を沸騰させて蒸発したものを冷やして真水にする方法ぐらいしかありませんでした。現在、日本国内では福岡県福岡市にある、福岡地区水道企業団沖縄県企業局がRO逆浸透膜法を使って海水を淡水化させて上水道の水源に利用されてます。公共の施設や事業でも既に採用されているのです。
海水を淡水化する技術2
海水を淡水化する技術は、海上を航行する船舶、客船、貨物船、漁船などの飲料水、生活用水を海水からRO逆浸透膜システムで純水を精製!
あなたのお家が、職場が、お店が純水生産工場になる
一般家庭のキッチンから、お店、ジムなどの小規模な場所、自動車の洗車機、大型の風呂やシャワー、学校のプールを災害時の飲料水源、必要なシーンに合わせてRO逆浸透膜システムで純水を精製することが可能です。
飲料水
不純物を一切含まない純水は、安全性はもちろん、飲料水としても最適です。
飲食店経営者様へ
お店で提供されているお料理、飲み物がさらにおいしくパワーアップします!純水は「ハングリーウォーター」とも呼ばれ、素材からそのまま最大限のエキスを取り出すことができ、ラーメン、うどん、蕎麦などのダシ、炊飯、煮物、製氷、カクテル、水割り、麺類のゆで水などさまざまなステージで活躍します。
洗浄
純水は、そのまま乾燥させてもウォータースポットが残りません、よってすすぎに使用することにより、ふき取り不要!食器、自動車、洗濯などにも活躍します。
こんな水の節約方法
大規模なシステムになってくると、使用済みの水を大量に貯水しておき、大型RO逆浸透膜システムで純水を精製、精製した純水をリサイクルで水源に接続!これにより年間の水道代金が1000万円以上節約することもできます。洗車機、製鉄、基板の洗浄などに。
       
大量の水を必要とする大型のお風呂の水源をRO逆浸透膜で純水化させ、その純水を水源にリサイクル、年間の水道代金の大幅節約が可能です。
災害対策
災害、事故で水源が絶たれたとき、たちまち必要になるのが水です。水源さえあれば池、川、海、プールなどからRO逆浸透膜システムで純水精製可能!飲料用水の生産が災害地で即座に対応することができます。

新着情報新着情報

2014年9月10日
製品にForceFieldサバイバル追加しました。
2014年9月10日
製品にForceField-Wを追加しました。
2014年9月11日
滋賀県からMother Lakeシンボルマークの使用許可をいただきました。滋広第158号
2014年9月25日
楽天スマートペイクレジットカード決済を導入しました。
2014年9月27日
PayPalクレジットカード決済を導入しました。
2014年10月9日
トップページに船舶対応の件を追記しました。
2014年10月10日
販売代理店募集の受付を開始しました。
2014年10月16日
AQUATRIM LLC 法人を設立いたしました。
2014年10月21日
トップページの変更をしました。
2015年1月29日
所在地の変更、追加、鉄工所への設置記事を掲載しました
2015年4月9日
那智勝浦AQUATRIM正規代理店住所を掲載しました。
2015年7月24日
本社登記を滋賀県に移転、代表取締役人事異動を行いました。

バナースペース


赤ワインから水分子を取り出してRO水を精製(動画)


PayPal決済で購入希望のお客様は上記をクリック!

アクアトリム
RO逆浸透膜浄水器の販売・設置
大阪、京都、兵庫、滋賀、奈良、和歌山の近畿二府四県から
全国(離島を除く)発送、設置対応

放射性物質を除去できるのは
RO逆浸透膜だけ!

ダウ・ケミカル社RO逆浸透膜は
NSF基準合格
CE基準合格
↓クリックで拡大↓

本社
〒520-0244
滋賀県大津市衣川1丁目10-19

TEL 050-3638-9636
   080-1418-9636
FAX 077-532-4852

那智勝浦AQUATRIM正規代理店
和歌山県那智勝浦町朝日3-29
有限会社若竹商事
TEL 0735-52-0562

MotherLake
このシンボルマークは、琵琶湖をモチーフに、シンボルワード
「Mother Lake」を効果的に組み合わせたもので、母なる湖・琵琶湖と共生していく滋賀県の姿勢を強くメッセージしています。